*

子どもたちのために!地元の素晴らしさを体感しよう「山さいぐべ」

都路くっちゃべろう会主催"地元都路の素晴らしさを体感しよう"企画第4弾

「山さ、いぐべ!」が開催されました!

 

みなさんこんにちは!都路生まれ都路育ち松崎です!

 

5月26日に、都路くっちゃべろう会主催「山さ、いぐべ!」が開催されました!

 

都路くっちゃべろう会とは…田村市復興応援隊の発案で始まりました。定期的に行う座談会の中で、都路町の様々な年代・職業の人が中心となって都路のこれからについて夢や未来を語り合っている会です。

 

今回は第4弾のイベントです。

昨年の「山さ、いぐべ!」では、都路町にある桧山の登山イベントを開催。

沢山の子どもたちが都路にある自然を体感することが出来ました。

 

さて、今回の「山さ、いぐべ!」は一体何をしたのかというと…

まず、日本に2つしかない日本標準時電波送信所を見学!

都路町と川内村の境にある「おおたかどや山標準時電波送信所」は、

東日本に標準電波を送信している場所です。

標準電波には、時、分、1月1日からの日数、年、曜日等の情報が含まれており、

いつも日本の正しい時刻を表示する電波時計などに利用されています。

国内には、福島県の「おおたかどや山標準電波送信所」と、

佐賀県と福岡県の県境にある「はがね山標準電波送信所」の2カ所のみで、

内1カ所が都路の近くにあると知らない子も多かったようです(*^_^*)

東京の情報通信研究機構の方が、

子どもたちに分かりやすく説明してくださいました。

質疑応答の際には保護者・大人の方々が手をあげ、

子どもたちよりも興味津々!!

最後に、高さ250mもある傘型アンテナの前でパシャリ。

※アンテナ高すぎて、全て写すことができず…

おおたかどや山標準電波送信所のみなさん、

国立研究開発法人情報通信研究機構のみなさん、

ご協力ありがとうございました。

 

おおたかどや山を下山した後は、

ツリークライミング®と林業作業見学!

ツリークライミング®ではくっちゃべろう会の会長・久保さんも先生となり、

コツをつかんだ子どもたちはどんどん上へと登っていきます!

見上げるほどの高さ!

登る前までは「怖いな~。」とつぶやいていた子も、

登ってしまえば恐怖心はどこかへ消えてしまうみたいです?

「ツリークライミング®クラブ どんぐりの芽」の方々が

優しく指導してくださり、子どもたちも楽しく活動できました♪

 

最後に林業作業見学では、ふくしま中央森林組合都路事業所に

勤務している方からの森や木についての楽しいお話。

そして伐倒して見せたコナラの木の枝打ち体験!

作業員の方が付き添いながら、安全に体験しています(^o^)

そして重機への体験搭乗!!

これは大の大人でもぜひ乗ってみたくなる!

子どもたちも大興奮、ハイテンションで楽しんでいました♪

 

以上、盛りだくさんな内容で怪我もなく終えることができました!

 

これからどんどん気温が高くなる季節…

くっちゃべろう会は、次回どんなイベントを開催するのでしょう?

次回開催も、お楽しみに!

 

今回のブログは、

応援隊最年少・松崎が担当しました。

 


facebook

■おしらせ

福島復興局に田村市での地域主体の取り組みを記事にしていただきました(バナーをクリックすると復興庁のサイトに移動します) banner

リンク

■協力団体 banner


■関係機関 banner

banner

banner