*

結の光☆彡合子イルミネーション@都路町

11月3日(土)今年も都路町の合子地区にイルミネーションが無事点灯されました。

点灯式に来てくれた方は、地元の子供たちや家族連れの方々約170名。そして、ボランティアで協力してくれた桜美林大学4年生の学生たちです。

おでん・甘酒・トン汁・オニギリのおもてなしもあり、去年よりもバージョンアップしたイルミネーションを観に集まった皆さんでにぎわってました。!(^^)!

星空とイルミネーションの光がとても綺麗☆彡

今年の点灯期間は1月までです。ぜひお越しください♫(レポーター渡邉)

【今年のバージョンです】

~イルミネーションが設置されるまでの『結』ストーリーをご紹介~

個人所有の山上に設置してあるイルミネーション!!

近くから見上げるとその高さにビックリします。

地上からなんと40mです!!\(◎o◎)/!

【イルミネーションを設置している山】

合子地区の有志の方々が30名ほど集まって、秋空の晴天の下、設置作業が始まりました。

男性は、設置。女性は笑いと食事提供。というチームワーク(*^▽^*)

 

【山頂から見下ろした景色】

【山のシンボルヤマナシの木】

空気も景色も良く、本当に、気持ちの良い場所です。(^_^)/

【山の所有者坪井さん】

坪井さんの本業は農業。

「都路町に来た人が、一年中楽しめる場所を提供したい。」ということで、この山に只今キャンプ場を作っています。

【坪井さんの話を聞く桜美林大学生】

こちらは、設営にボランティアで来てくれた桜美林大学3年生です。

都路町の「イメージの復興」を目的に、ホームページ作成を作成中です。

今日は、情報収集と食事準備のボランティアで参加してくれてました。

坪井さんから、震災後の話や、これからの夢を真剣に聞いていました。

【合子のお父さん方とコミュニケーション】

【地元の子供たちとコミュニケーション】

合子の方々とも色々とお話ができたようです。

 

縦10m×横14mのイルミネーションの土台が完成。

サクサクと組み立てていくお父さんたちに、大学生は「皆さん、かっこいいですね」と感心してました。

【せっかくなので記念撮影】

 

この後は合子の方々と桜美林大学生とバーベキューで交流会。

「昔に比べると、地域の人達が集まる機会がだいぶ減ってしまったから、こうやって集まるのは楽しいね」とお父さんが言った言葉が印象に残りました。

色んな人の「結の精神」が集まって、できあがったイルミネーションは、夜空に綺麗に輝いてました。

この光がずっと続くといいなぁ。と思う渡邉でした。!(^^)!

20180913_合子イルミネーション-ちらし (2)のサムネイル

【開催期間】2019年1月31日(木)まで

【点灯時間】17時から21時まで

【住所】  都路町古道字合子(携帯電話中継所付近)

【主催】  里山を元気にする会実行委員会


facebook

■おしらせ

福島復興局に田村市での地域主体の取り組みを記事にしていただきました(バナーをクリックすると復興庁のサイトに移動します) banner

リンク

■協力団体 banner


■関係機関 banner

banner

banner