*

小値賀のハナシ~座談会編~

皆さんこんにちは!

大みそかに、スノーボードに行きアバラ骨を折ってしまいましたが、厄年に負けず奮闘している応援隊白土です。
さて、今回は12月16日に研修として長崎県小値賀(おぢか)町に訪問し、現地で実施している【民泊】【古民家ステイ】の事例発表&意見交換会の話をさせて頂きます!
小値賀町の【民泊】【古民家ステイ】の詳細については、2014年12月3日のブログをご覧いただけると幸いです!
なぜ、この取組みを住民の方に知って欲しいかというと、小値賀と都路は地域は違えども似ている点が多々あり、小値賀の取組みを都路でもできたら!という自身の思いからでした(^_^)

似ている点の1つは、どちらも「高齢化率が高い」という事。

2つ目は、地域の人が旅行者や移住者といったいわゆる「ヨソモノ」に対しても温かいというところ。

そして3つ目が、住民同士の繋がりが強いこと。

この3つが特に似ていると思い、同じような環境で頑張っている地域を紹介したいと考え、今回このような場を作らせて頂きました。
当日は、雪が降っており参加された方は少なかったですが、取組み事例を発表すると皆さん真剣な表情でメモを取り、意見や質問も活発に飛び交う有意義な時間でした!

白土座談会

【民泊】の話では、

「小値賀は海の幸があるけど、都路は山の幸があるし、それを出したら喜ぶかな?」

「〇〇地区の△△さんも民泊やりたいみたいだよ!」

「実際に、民泊をするならどんな準備が必要なの?」

【古民家ステイ】では、

「空き家を有効活用できるならやりたい!」

「畑などを作ってそこで野菜収穫などもできるようにして、長期宿泊も可能にすればいいんじゃない?」

「郷土料理を提供できるような、または一緒に作れるような古民家があってもいいかもね!」

など前向きな意見が多く、話している私自身も勉強になりました。

地域や環境は違えども、他の地域ではこんなことをやっているなら、都路ではさらに良いことをやろうじゃないか!という住民の熱い想いが感じられた今回の事例発表&意見交換会でした!

2015年も元気でいきましょう!

応援隊白土がお送りいたしました!

 


facebook

■おしらせ

福島復興局に田村市での地域主体の取り組みを記事にしていただきました(バナーをクリックすると復興庁のサイトに移動します) banner

リンク

■運営団体 banner


■関係機関 banner

banner

banner