*

大滝根山あるある探検隊~修験者の道(その壱)~

こんにちは、最近肉体系の仕事がやたら多くなってきたアラフォーエリィこと渡邉です。((+_+))

以前、CSC(クリエイティブサマーキャンプ)でお世話になった、滝根町の佐久間さんにガイドしていただき、大滝根山の資源発掘をすることになりました(`・ω・´)ゞ

img_4999

今回のルートと高低差はこんな感じです。

佐久間さん曰く、大滝根山はその昔、修験者の霊場だった所だそうです。\(◎o◎)/!

大滝根山とは、田村市と川内村にまたがる標高1192.5mの山です。

他にも、いーっぱい、素晴らしい所があるんだ!との事、これは是非取材して田村の魅力を皆様に届けねばと、登山チームを結成しました。

その名も「大滝根山あるある探検隊!!」

サハリン・ナッツ・ミッツ・エリィ気合入れての結成です(`・ω・´)ゞ

kako-0cy3pwjiw6wzsqmi

気合の入った登山日・・・天候・・初雪Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

粉雪舞う中の団結式。(`・ω・´)ゞ

s_%e8%ad%af%e4%ba%a5%e3%83%bb%e9%80%b5%e5%8c%ba%e6%94%b8

 

スタート地点は「高塚高原(川内村)」です。

オートキャンプ場や駐車場、管理棟があります。

s_%e9%ab%b4%e6%87%88%e6%b5%a4

 

わぉ、早速霜柱・・・そして強風・・・・。

s_%e6%84%8f%e6%b0%97%e6%8f%9a%e3%80%85

それでも、意気揚々とあるある探検隊は進みます。

初心者でも歩きやすいゆるやかなコースを行くと、看板発見。

佐久間さんお勧めの「ドウダン林」へ行くことに。

s_%e8%9f%be%ef%bd%a8%e8%9e%9f%ef%bd%a7%e7%b9%9d%e5%b3%a8%e3%81%88%e7%b9%9d%c2%80%e7%b9%9d%ef%bd%b3%e7%b8%ba%ef%bd%a4%e7%b8%ba%ef%bd%a4%e7%b8%ba%e3%83%bbjpg-1

このドウダン、大きさがわかりますか?なんと、3mはあります。

ドウダンつつじの巨大版!!自分がホビットになった気分ですね♪

いったん引き返して次は「ペラペラ石」へ。

まずは、神様にご挨拶して奥へ目をやると・・・・。

kako-sxh1phchvpn5ct5c

どーん!!これですっ。ネーミングが奇怪な「ぺらぺら石」

佐久間さん曰く「龍の舌のようだからぺらぺ石」

%e3%83%9a%e3%83%ad

エリィも龍の気分で出してみました。

「そりゃ、ぺろぺろ石だろっ」とサハリン隊長。(-_-;)

この岩は、長さ15m幅4m高さ5m。上に登るのは一苦労。

s_img_6695

が、しかし、上からの眺めは絶景です。360度の大パノラマ。ヽ(^o^)丿

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e5%9f%ba%e5%9c%b0

大滝根分屯基地(空自)のレーダードームが見えるではないですかっ!!

丸いのがポコッと立っています。なんか、かわいいい。

今年の3月に大滝根分屯基地見学をしてたので、妙に親近感がわきます。

1f

遠く左の方には、第一原発が・・・・。

%e5%a4%aa%e5%b9%b3%e6%b4%8b

そして、正面には太平洋が輝いてました。

駐車場から歩いて30分。体力のない私でも、元気に歩けるコースです。

そしてこの眺めに、あるある探検隊一同はご満悦です(●^o^●)

ですが、目標はさらに奥。大滝根山の山頂を目指すのです。

風が冷たいよー( ;∀;)

s_%e8%9f%b7%ef%bd%bb%e7%b8%ba%ef%bd%ae%e8%b1%8e%ef%a3%b0

しばらく歩いていると、綺麗な池が。

何度も登山している佐久間さんですが、今回初めてこの池を見たそうです。

どのような条件で出現するのか分かりませんが、まさに「幻の池」!

なんて神秘的宮崎駿監督の世界観に包まれそう。

動物や妖精が遊びに来そうですね。

あるある探検隊は、ちょっと寄り道をして「玉石」方面へ更に進みます。

s_%e8%ad%9b%ef%bd%a8%e7%b8%ba%ef%bd%ae%e9%81%a8%ef%bd%b4

 

大きな穴の空いた大木や、風にさらされた樹木などを見ながらザクザク進みます。

 

 

強風の中ではあったけど、ここからの眺めも最高でした。

上の画像は玉石から見た「石ポッケ」。石ポッケという名前は山中の岩群が石仏(いしぼとけ)に見えることからきてるそうです。

石がポコポコ転がってますね。石のポケットではなかったんだぁぁぁ。よかった、恥をかかなくて・・。と思ったエリィでした。(;´∀`)

%e6%bb%9d%e6%a0%b9%e7%94%ba

右手には、滝根町の街並みが見えます。光も差し込んでキレイ・・・・。

が、しかし、あまりの強風で話をすると口から液体が出そうになるのでまもなく退却。

原生林をさらに歩いて抜けると、道が開けて各方面からの登山道合流地点に到着。

 

s_%e8%bf%aa%ef%bd%ab%e9%96%a0%ef%bd%b3

一息してから更に行くと、尖った岩が2つ。

「おー、尻割岩だー。お尻に刺さったら痛そう・・・」とエリィ。

「いやいや、猫耳岩でしよー」と、猫ラブなナッツ隊員の突っ込みがありました。(;^_^A

確かに、猫好きにはたまらない形をしております。(=^・^=)

s_%e6%80%a5%e3%81%aa%e5%9d%82

急な斜面を下り、ハカハカ(註:息があがるの意、福島弁?)しながら道は続きます。

s_img_8108

この看板が見えたらもうすぐです(`・ω・´)ゞ

s_img_8112

強風寒さに耐えながら、ゼーゼー(*´Д`)ハァハァ。到着ですっ。標高1192.5m。

山頂には「大嶽根山峯霊神社」があります。坂之上田村麻呂が創建したとされる神社です。

そう、ここにも坂之上田村麻呂伝説が。

しかも、大正時代までは女人禁制の霊峰だったらしいです。神様が焼きもち焼いちゃうからですかね?

kako-vu6mwfh53xlerb3n

神社の隣にはレーダー。なかなか見られないコラボ風景に感動。

お神酒を奉納して、無事登れたことに感謝。

この裏手には、「一等三角点」があります。

これは、三角測量に用いる際に経度・緯度・標高の基準になる点のことで、これが1センチでもずれたら、日本の全てのものがズッコケる!!ということになるんですねー。世の中には一等三角点を求めて全国登山している方もいるとか・・・・。\(◎o◎)/!

観たい方は、大滝根分屯基地に予約すると見学する事ができますよ。

 

山頂で、ミッツさんの美味しいコーヒーをいただいて、違いの解る男を演出( *´艸`)そして無事下山!!

s_%e7%9c%ba%e6%9c%9b

キャンプ・修験者・巨石・山ガール・レーダーサイト・神社・龍神・猫耳岩・風力発電所・太平洋・原発・巨大つつじ・紅葉・・・・。

面白いキーワードが沢山でます。いつも地元で見ていた山がだんだん宝の山に見えてきました。

色んな趣味の方のアンテナに引っかかって、この山を楽しんでくれたらうれしいですね。

%e5%b7%9d%e5%86%85%e6%9d%91%e6%b8%93%e8%b0%b7%e2%91%a1%e5%b7%9d%e5%86%85%e6%9d%91%e6%b8%93%e6%b5%81%e2%91%a0

下山後、佐久間さんお気に入りの沢に連れて行ってくれました。

マイナスイオンたっぷりです。森林浴するだけで、何だか体が軽くなります♪

「地域おこしって、町単体でやるものではなくて、隣の町とかと一緒になってやっていくのがいいと思うんだぁ。」と佐久間さん。本当ですね。連携が大事です。

この地域には、羽山・矢大臣山という霊峰があと2つあります。

来年は、この残り2つを制覇することを胸に誓ったあるある探検隊!!(`・ω・´)ゞ

あるある探検隊の修験者の道はまだまだ開拓が続くのでした。

次回は、登山の疲れを癒せる地元のお風呂。針湯荘で締めるぞー!!

s_%e9%ab%ae%e3%83%bb%e7%b2%8b%e8%9c%80%e5%92%8f%e6%82%84


facebook

■おしらせ

福島復興局に田村市での地域主体の取り組みを記事にしていただきました(バナーをクリックすると復興庁のサイトに移動します) banner

リンク

■運営団体 banner


■関係機関 banner

banner

banner