*

奮闘!公邸料理人!福島を駆ける!

6月23日からボランティアとして田村市に来訪中の「公邸料理人の亮さん」ですが、いろいろと奮闘されていますので、活動の一部をご紹介いたします!

 

「海外で和食料理人として働く身としては、日本のこと、特によく問われる福島県のことを知りたい!」

という志を持ち、

「食と農を福島県の郷土料理を通して知り、海外に発信する義務がある」

と、到着早々アチコチを駆けずり回り、体当たりで何にでも挑戦しています。

 

このように書きますと、いかにも真面目でカタブツな印象を与えてしまいますが、本人は明るく気さくな関西人で、人当りも大変よいのです。

 

これまでの活動は・・・

①農作業の手伝い@都路町

DSC_2132

「いつも使っている野菜ができていくサマを見るんは感動ものですわ~(本人談)」。

 

②シイタケ農家体験@常葉町

DSC_2333

「シイタケ作るんが、こんな大変とは思わへんかったわ~!(本人談)」

 

③畑で草刈り@都路町

DSC_2341

「草刈り初めてでしたが、オモロイですわ!けど、シンド・・・(本人談)」

 

④よりあい処「華」で調理指導@都路町

DSC_2375

「ホンマね~、難しく考えんでもエエんですわ~(本人談)」

(※文中の関西弁は筆者による「イメージ」です)

 

と、精力的に動いていらっしゃいまして、我々応援隊も頭が下がるばかりです。

 

海外生活が長い彼はその視点もスルドク、「福島県産を世界に売り込むためには」、「地域の魅力をアピールするためには」などなど、たった数週間しか滞在していないとは思えぬほどアイデアを出し、隊員とも建設的な議論をしたりしています。このまま応援隊メンバーとして残留して欲しいぐらいです(笑)。

 

本ブログで「国際シェフを利用したい人募集!」としたところ、応募や取材依頼など多数いただきまして、本当にありがとうございます!まだまだ日程に空きがありますので、引き続きご応募をお待ちしております!(※福島県内に限る)

DSC_2409 DSC_2412 DSC_2410

※ご依頼内容と日程によりましては、お受けできない場合がございますので、ご了承ください。

【お問合せ先】

田村市復興応援隊(担当:佐原)

電話:0247-61-5153(平日8:30~17:30)

メール:tamura.ouentai@gmail.com

 

 

 


facebook

■おしらせ

福島復興局に田村市での地域主体の取り組みを記事にしていただきました(バナーをクリックすると復興庁のサイトに移動します) banner

リンク

■協力団体 banner


■関係機関 banner

banner

banner