*

今年もエゴマ油できました。

こんにちは!

応援隊に入るまでエゴマとじゅうねんは別物だと思っていた(※諸説あります)、山形出身の中村です。

今年も田村はエゴマが熱い!!!

 

 

田村のエゴマが再びブームに!

2018年11月18日(日)のNHKで放映されている「うまいッ!」にて、田村市のエゴマが特集されました。

https://www6.nhk.or.jp/umai/archive/archive.html?fid=297

 

テレビで田村のエゴマを取り上げられたのは、初めてではないのですが、すでに多くの反響があります。

例えば、船引町の農協直売所「ふぁせるたむら」さんでは、エゴマ油が軒並み品切れ。

 

そして、いつも応援隊がお世話になっていて、今回の「うまいッ!」にも取り上げられた「よりあい処華」さんでもテレビの放送を見て、いらっしゃった県外の方が急増しているそうです。

 

2年ぶりに都路産エゴマ油が販売開始!

そんな中、2015年より都路町でエゴマ栽培を始められた「楽農学会(らくのうがっかい)」さんのエゴマ油が今年も発売を開始しました。

 

「昨年は乾燥するのを失敗しちゃって、エゴマ油を出せなかったので、今年は自信をもってエゴマ油をお届けできます!」と語るのは楽農学会代表の坪井都一さん。

 

収穫作業中の坪井都一さん

 

 

楽農学会さんでは、震災後に「農地をあきらめない」「老人でもできる」「早期農業再開ができる作物」いう目的で復興を優先するために、エゴマ栽培に取り組まれています。

 

楽農学会さんが作る高原都路産エゴマ油の収穫はすべて手作業で行われています。

 

 

エゴマの収穫の作業は刈り取りを始め、実を落とし、ふるいをかけて乾燥させたのち、水洗いと乾燥を繰り返してゴミを飛ばす作業を繰り返します。

そのため、手間のかかる分どうしても高値になってしまいますが、品質には自信があります。

 

 

応援隊でも、昨年よりラベル製作でお手伝いさせて頂きました。

商品名の「大好き」には、生産者の「エゴマ大好き」「都路大好き」などの思いが込められているそうです。

 

高原都路産エゴマ油の価格は¥1,800/1本(115g)

税込・送料別となります。

※ていねいに絞っているため、お届けまでお待たせするかもしれません。

 

ご注文、お問い合わせは楽農学会の事務担当である坪井都一さんまでお願いします。

(電話:0247-75-2477 もしくは080-3148-8038)

 

エゴマ油は絞った瞬間から酸化が始まり、風味が変わってきますので、なるべく早めにお召し上がりください。

 

テレビでの放映で、田村産エゴマは人気が上がっておりますので、ぜひこの機会にご賞味ください!


facebook

■おしらせ

福島復興局に田村市での地域主体の取り組みを記事にしていただきました(バナーをクリックすると復興庁のサイトに移動します) banner

リンク

■協力団体 banner


■関係機関 banner

banner

banner